戸隠古道散策の旅

  • 2013/05/20(月) 11:05:34

友人のお誘いから、急遽 戸隠に水芭蕉を観に行くことが決まり、総勢5人で一泊2日の旅に出ました。
5月17日(金)大宮まで武蔵野線に乗り換える時、人身事故のため、運休の拡声器が響いてます。

先日、「あしかがフラワーパーク」に行った時もアクシデントで運休でした。
仕方がないので、各駅停車に乗車、大混雑で乗り換えも遅々として前進しません。

中央線と武蔵野線は始終事故があり、こんな調子です。

大宮で「長野新幹線」に乗り換えを余裕をもって出発したのですが、事故の為、予定の新幹線にタッチの差で乗り遅れ

次の新幹線も長蛇の列の為、切り替えができず、1時間遅れでやっと長野に到着、ヤレヤレです。

旅の最初からこんな調子で思いやられましたが、素晴らしい天候に恵まれ、
水芭蕉が満開の見頃  戸隠神社の奥社まで歩き、お詣りして無事を祈りました。

1日目は戸隠古道を散策するのみ、2日目は「おぶせ藤岡牧夫美術館」「岩松院」「日本のあかり博物館」「北斎館」を見学。

おわり良ければすべて良し、信州の爽やかな心地よい空気に触れ、ちょっぴり美術の勉強して楽しい旅を満喫しました。

 長野の町の至る所に花々が飾って彩を添えています。画像にマウスオンして下さい。(2枚挿入)

<>>

~ 岩松院のあがりこ ~

この地域は、 雪が多いため、木の根元から1㍍程度の高さで切られ、その後切り株から
数本の芽が出て成長したもので あがりこ と呼ばれています。

あがりこ

~ おぶせ藤岡牧夫美術館 ~
ご本人の了承を得て、撮影許可を頂きました。画像をクリックでご覧ください。

写真をクリックしてください


第1日目の「戸隠古道散策」の様子を Movie Maker で編集しました。クリックでご覧下さいね。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

戸隠の水芭蕉はもう咲いているのですね~。
シラネアオイやサンカヨウも~?!

古道散策と美術館、博物館など盛りだくさんですてきな旅をなさったのですね~。

それにしても中央線ってほんとに事故が多いですよね。
予定が狂って焦りますね~。

  • 投稿者: yuto
  • 2013/05/20(月) 15:24:40
  • [編集]

大変な道中でしたねー。
この時期の戸隠古道では多くの花々に会えるのですね。
シラネアオイは絶滅危惧種と聞いていますが・・・
いい旅を楽しまれました。

  • 投稿者: 閑人kazu
  • 2013/05/21(火) 00:31:59
  • [編集]

戸隠古道散策の旅、・・・・・・。
珍しいショットをいろいろ見せていただき、嬉しかったです。

見せていただき、siawase気分です。
ありがとうございました。

昨日も、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、深謝です。
応援ポチ♪♪

  • 投稿者: siawasekun
  • 2013/05/21(火) 01:55:45
  • [編集]

おはようございます。

終わりよければ全てよし・・・
乗る列車の大幅な遅れ、混んでいたでしょうに大変でしたね。
でも信州jの山並み、爽やかな空気、そして水芭蕉、カタクリの花も咲いていて
良かったですね。
戸隠は行った事がありましたが
遠い昔・・いつか又訪れたい所です。

  • 投稿者: のんのん
  • 2013/05/21(火) 03:55:27
  • [編集]

水芭蕉~

koyukoさん、おはようございます^^

水芭蕉の群生も凄いですね!
挿入されている写真の花が、
葉にその影を落としている様が
僕は好きですね~♪
とても気持ち良さそうですね~、この散策^^

  • 投稿者: cyaz
  • 2013/05/21(火) 08:39:38
  • [編集]

戸隠

koyukoさま おはようございます。
大宮から長野新幹線ですか?そちらの方が近いのでしょうね。
あがりこ 初めて聞きましたが 豪雪地帯だからでしょうね?
水芭蕉や山野草にもあえてよかったですねぇ~
カタクリの花も今なのですね。

美術館の高遠の桜雰囲気出ていました。

  • 投稿者: 菜桜
  • 2013/05/21(火) 09:55:21
  • [編集]

yuto さんへ

e-217 コメント有難うございます。

本当! 中央線は何で事故が多いんでしょうね。迷惑ですよね。

長野は18日は夏日でしたが、戸隠は木々が多く快適な天候でした。
待望の「水芭蕉」が見れて良かったです。

  • 投稿者: koyuko 
  • 2013/05/21(火) 13:51:48
  • [編集]

閑人kazu さんへ

e-217 コメント有難うございました。

中央線、武蔵野線 始終 人身事故があります。
その都度、東京は人口が多いので、テンヤワンヤになります。

シラネアオイは絶滅の危機なんですか?
今年になってから、結構 見てますが…・自生してるのは、少なくなったのでしょうね。

  • 投稿者: koyuko 
  • 2013/05/21(火) 13:57:13
  • [編集]

siawasekunさんへ

e-217 コメント有難うございます。

電車に遅れて、戸惑いましたが、後の観光はお天気に恵まれ、お花も満開

楽しい旅で良かったです。

  • 投稿者: koyuko 
  • 2013/05/21(火) 14:00:33
  • [編集]

のんのんさんへ

e-217 コメント有難うございます。

戸隠は何年か前に行きましたが、若いころでした。
久しぶりに「水芭蕉」の群生を見れて、素敵でした。
木漏れ日の中をオゾンを吸いながら、歩くのはとても気持ちが良いですね。

電車の遅れで焦りましたが、予定を変更して1日目は戸隠古道だけ、ゆったりしました。

  • 投稿者: koyuko 
  • 2013/05/21(火) 14:06:18
  • [編集]

cyaz さんへ

e-217 コメント有難うございます。

葉の影が映っているのは「エンレイソウ」ですね。私も気に入った写真です。

おっしゃるとおり、戸隠古道の木道はとても気持ちが良いです。
木道の両脇に「水芭蕉」や「リュウキンカ」が咲き乱れ、広大な散策路ですよ。

  • 投稿者: koyuko 
  • 2013/05/21(火) 14:10:35
  • [編集]

菜桜さんへ

e-217 コメント有難うございます。

長野新幹線で終点で下車、駅前からバスが出でいますが、5人でタクシーで35分です。
バス代より安くなります。
水芭蕉とリュウキンカの群生が綺麗でした。

「あがりこ」は戸隠古道の中でも、いくつも見ました。豪雪地帯の先人の知恵ですね。

  • 投稿者: koyuko 
  • 2013/05/21(火) 14:16:20
  • [編集]

こんばんは

行きは大変だったそうですが 終わり良ければすべて良しで
良かったですね
藤岡牧夫さんの絵は 童話の世界を見るようで 心が和みます
戸隠古道に咲く花は 北海道に咲く花と同じものが多いです
どちらも雪国ですからね・・・ 

  • 投稿者: 北斗
  • 2013/05/21(火) 19:59:13
  • [編集]

北斗さんへ

e-217 コメント有難うございます。

藤岡牧夫さんは小布施出身で、長野県の教科書の表紙に彼の絵が掲載されています。
夢のある綺麗な色が特徴の絵でした。ご本人に会って来ました。

もう少し足を延ばすと、我が故郷の上越市です。雪国に思いを馳せました。

  • 投稿者: koyuko 
  • 2013/05/21(火) 20:24:10
  • [編集]

アクシデントは大変でしたが・・・・

こんにちわ♪

一番よい時期の戸隠をたのしんで来られた!
と言っても行ったことはないのですが
koyukoさんの写真をみてわかります(^^ゞ

湿原に咲くミズバショウなど色んな花全部ステキです!
シラネアオイも咲いているなんて?!
高い山だけかと思っていました・・・・

春から数え切れないくらいのお花見旅行
もう頭の中は色んな花がぐるぐる回っていたりして・・・・
しばらくお休みしても楽しめますね(^^♪

  • 投稿者: wataboushi
  • 2013/05/22(水) 16:59:48
  • [編集]

wataboushiさんへ

e-217 コメント有難うございます。

雪の深い地域なので、山野草が今頃 咲き始めます。
白い水芭蕉と黄色のリュウキンカのコラボはとても綺麗でした。

一番元気な若い頃、殆ど家族旅行ができなかったので、今頃になってせっせと行ってます。
主人の調子が昨年より、少し上向きなので・・・・

姑の介護が長かったので、やっと行けるようになって、今度は自身が老化に進みます。
だから、行ける時に行こう! と主人と話し合ってます。
綺麗な花々や風景に接すると、優しい気持ちになりますね。

  • 投稿者: koyuko 
  • 2013/05/22(水) 20:16:27
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する