京都旅行・第二日目

  • 2014/10/29(水) 10:21:44

東京を出発する時の天気予報では、京都は 寒い!と言っていたので、厚着をしてきたら、暑い!暑い!
昨晩は余りに暑くて、少々 寝不足になりました。
朝食を7時に頂いて、ホテルを8時30分に出発。今日はメィンの「時代まつり」を見学です。
あいにくの曇り空、今にも雨が降りそうです。

「時代まつり」の前に 相国寺 を見学しました。撮影禁止なので、パンフレットをスキャンしました。
天上の 鳴き龍 は移動する度に目玉が見る人を射るように睨み、まるで生きているような錯覚をおこします。

法堂

撮影許可の部分だけ、掲載しました。
~ 杉戸絵 3点 ~
襖絵

 サムネイル画像をクリックすると拡大します。「釦をとじる」をクリック、又は×で閉じて進んて゛下さい。
<
相国寺全景
<
相国寺 庭園
<
相国寺 庭園
<
相国寺 庭園
<
杉戸絵 白象図
<


~平安神宮と 時代まつり ~
平安神宮は、明治28年(1895)、平安遷都1100年を記念して平安創始の桓武天皇を御祭神として創建され、
その後昭和15年(1940)に、幕末の激動のなかで近代日本のいしずえを築かれた孝明天皇を合祀して
現在の輪奐が整えられ、京都総鎮守として崇拝されている。

平安神宮の祭礼は4月15日で、勅使の参向を仰ぐ最も重要な祭りとなっている。
これに対して秋の時代まつりは、平安神宮の創建を奉祝して京都市民あげて始められた祭りで、
毎年京都の誕生日にあたる平安遷都の日、10月22日に行われている。

桟敷席を予約せず、沿道で撮影したので、車や高層ビルが写っていささか、興醒めですが、
「絵巻風ビデオ」に編集しました。三角マークをクリックしてご覧ください。



最後に≪平等院≫に行きました。時代まつりの途中からポツポツ来て完全に雨模様です。

平等院は永承7年(1052)、関白藤原頼道によって父道長の別荘を寺院に改め創建されました。
その翌年の天喜元年(1053)に阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂が建立され、その建物が現在鳳凰堂とよばれている
経典に描かれる浄土の宮殿をイメージした、優美な建物です。

平等院1

平等院2

平等院3

スポンサーサイト