お見舞い

  • 2013/07/31(水) 20:40:14


何回かご紹介しましたが、1人暮らしのKさんは87歳になられ、益々お元気でご活躍です。

毎日、暑いのに9時には外出、同年代の方の話し相手や、お買い物を手伝い、正午に帰宅、
昼食後 1時に外出 図書館やその他色々寄り道し、週3回は体操に行き、5時に帰宅。

7時ころ夕食を済ませ、8時~9時の間に就寝。毎日 規則正しい生活で健康そのもので羨ましい限りです。

私は、週に2~3回 様子を見に寄ります。ところが、先週の金曜日に寄ったら雨戸が閉まってます。
次の日も閉まったまま、いよいよ不安になり、心当たりの病院に行ったら入院してらっしゃいました。

夏風邪を引いたらしく、38度の熱があり、10日間くらいの入院の予定で点滴をされてました。

身長 140cm(体重35㎏)も満たない小柄な方なので、一層 小さくなり、びっくりしました。

お見舞い

何しろご高齢なので、心配、今日も病院に行ったら、ベッドはもぬけの殻、相室の方がリハビリに行ったと・・・
待つことしばらくして、リハビリ終わった、Kさんが病室に入って来ました。

曰く「退屈なので先生にリハビリしたいと言ったら、もう 治療することが無いから退院していいよ」と言われた。

それを聞いて、私は「おめでとう」と言うのも忘れて、唖然としてしまいました。そのタフさに驚き、感服してしまいました。

 安心した為、夜になって近所の植木屋さんにカラスウリの花が開いたので、やぶ蚊に刺されながら撮影しました。

カラスウリ縦

 サムネイル画像にマウスオンして下さい。(non-non様のソースをお借りしました。)

少し開き始めました。

スポンサーサイト