根元神社・奉納獅子舞

  • 2011/08/30(火) 11:28:44

8月28日(日)JR東日本・青梅線の終着駅【奥多摩駅】で下車・徒歩20分

根元神社・奉納獅子舞が開催されました。

栃久保の獅子舞は、根元神社の祭礼、8月第4日曜日に、神社の庭を祭場として行われます。

この獅子舞は、いつどのようにして創始されたか、どのように伝承されたかの事情は不明です。

演舞は唄方五人、笛方六人、舞方三人、花笠四人、太刀使い二人で構成され、舞は文挟流で大氷川、棚沢と同系です。
獅子頭は三匹とも金箔張りで、大太夫は黒、銀、朱、三条のねじれ角。
小太夫は黒、銀二条のねじれ角。
女獅子は眉間に銀珠をつけて角はありません。
水曳は紺の麻地に大太夫は丸に曼柏、小太夫は丸に橘、女獅子は下がり藤の紋をつけ、腰切管に脚絆、わらじばき。
ささらすりは、赤地に模様の入った振袖姿です。

 DIgoBookに編集しました。画像 ▸ をクリックして再生して下さい。



 お詫び致します。
Gooのフォトアルバムで掲載していましたが、P Cの不具合や Gooのメンテナンス等で不具合が生じました。
よって、DigiBookに編集しなおしました。写真は同じものです。コメント頂いた方、ごめんなさい。


スポンサーサイト